あちらこちらに書き散らかした日記をまとめて リニューアルオープンしました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お風呂に入ると 「無」の空間が 広がる。

音の無い 自分だけの時間が 広がる。





「ドリー 私 気づいたんだ」

     「何を?」

「彼に 私の気持ちは わからないって」

     




「私ね 音が 苦手らしいの。
 車の運転中も 音楽聴かないしね。
 でもね 彼は 一日中 テレビを つけてるの。
 テレビに向かって 突っ込んで 爆笑してるの」

     「自分のヒザを 叩いてでしょ?」

「そう そうなの。
 なんで 知ってるの?」

     「ココまで 聞こえてくるから」






「テレビ見てるか 転寝してるか・・・の 彼を 冷たい目で 見てたの。
 そうしたらね 彼が 一言言ったの。
 見とれてるんか?・・・って」

     「ギャハハッハハ」

「すごい 自信でしょ?
 私 自分に自信が無いから 視線を感じたら 不安を 覚えるし
 何か 顔についてるのかしら?って 悩むんだけどね」

     「まゆ毛 かき忘れたかしら? とか?」

「うるさいわね」






「彼は きっと コンプレックスが 無いのね。
 私が 体型や 外見について 悩んで 落ち込んで 彼に 相談しても
 彼は 私の気持ちを 理解できてないんじゃないか?って 思うの」

     「男と女でも 違うしね」

「違うだろうけどさ 自分に コンプレックスがない人には
 私の悩みなんて 理解できないんだよ」

     「でも 彼は 彼で あるのかもよ?」

「無い 無い。 自信 持ってるもん」

     「アンタが 自信 無さ過ぎだけど」







「たまに 私を 可愛いって 思う事ある?って 聞くのよ」

     「アンタも 難しい質問するのね」

「彼はね イラっと する所って 答えるの」

     「・・・」

「どうやら 私がする事が イラっと するらしいの。
 イラっとするけど そこが 可愛いって 言うんだけど
 理解できる?」

     「できない。 てか それって 遠まわしのイヤミじゃないの?」

「でしょ? 
 まったく 彼の言葉から 優しさや愛情を 感じる事ができないの」

     「でも まぁ 6年も 続いてるわけだし」

「本当に よく 6年も 続いたと 思うよ」

     「色々 山有り谷有り だったもんね」

「そうそう。 てか 全部 お風呂から 見てたのね」

     「ええ」






「ねね ドリー 一度 聞きたかったんだけど」

     「何?」

「お風呂場に住んでて 楽しい?」

     「楽しいわよ」

「ふやけない?」

     「多少ね」

「カビない?」

     「・・・」
スポンサーサイト

【2009/07/30 13:35】 | 引越し転記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。