あちらこちらに書き散らかした日記をまとめて リニューアルオープンしました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お風呂に入ると 「無」の空間が 広がる。

音のない 自分だけの時間が 広がる。



「ねね ドリー」

     「何? あんた 毎回 暗いわね」

「だってさ 悩むんだもん」

     「今度は 何?」



「昨日ね 玄関で 彼を 見送ったの。
 車を取りに行ってくれる 彼を 見送ったの」

     「で?」

「私 普通に 立ってたの。
 それなのに 彼は ドナルドダックか?って 私に向かって 言ったの」

     「なんで?」

「わかんない」

     「アヒルみたいな 体型って事?
      それとも 声が 奇妙って事?」

「わかんないよ」

     「あ・・・ わかったわ。
      あんた 唇 厚いじゃん?
      唇が ダックのクチバシに 見えちゃったんじゃない?」

「・・・」

     「きっと そうよ。
      だって どうみても 可愛さから あんたを 
      ディズニーキャラクターとして 見れる事なんて ないもの。
      だから 唇よ」

「そ・・・そ・・・ そうなんだ」





     「あんた 負けちゃ ダメよ。
      そこで 即効 ドナルドの真似を しなくっちゃ。
      凹んでる場合じゃないわよ」

「できないわよ」

     「まぁ いきなりは 無理ね。
      今日から 練習する? 付き合うわよ」

「しない・・・」





「もう お風呂 出る」

     「私から 見ると あんた シュレックに 似てるけど」

「・・・」
スポンサーサイト

【2009/07/30 13:26】 | 引越し転記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。