あちらこちらに書き散らかした日記をまとめて リニューアルオープンしました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは。なみへいです。

サクサクっと書いてみます。

12月。さめさんが毎年心待ちにしているクリスマスの
時期が今年もやってきたので、ちょっと早いですが
先日、クリスマスブッフェなるものに行ってきました。

今年はちょっと、いや!かなりフンパツして
ヒ○トンホテルのレストランに予約なんぞしてみたのです。

当日、バタバタしながら車でブイ~と走りホテル到着。
運転は当然なみへい。つまり飲めないのね。
ワインなんかグイッといきたいトコですが、ぐっと我慢です。
(まあそもそもワインは飲めませんがね)

車でホテルの正面玄関に着くと、ドアマンならぬドアガール?が
お出迎えです。

洗車しときゃよかったーと思いながら
さめさんを降ろし、地下駐車場へ。

エレベーターで1階まであがり、さめさんと合流です。
周りは外国人ばっかで、皆さんなんちゃら語で会話してました。

さ「ダメ!私もう泣きそう」

どうもロビー一帯が、さめさんが大好きな
ハワイの香りがしており感動しているご様子。

一方ワタクシは、周りが外国人ばかりのため
違う意味で泣きそうでした。

な「ちょっとトイレ行ってくる」

トイレで落ち着きを取り戻し、さめさんと再度合流。

さ「何してんの?」
な「いや。オレは負けへんぞ」
さ「今日、レストラン一杯だって。早く行くよ」

ですよねー。
決意表明したけど、当然スルーするよねー。

エレベーターで2階に上がり、目的のレストランへ。
受付では、2人ほどお客さんが待っていたため最後尾に並びます。

しばらくすると、店の奥から男性店員さんが

店「オ客サマ。ゴ予約ハ?」
な「はい。してます。なみへいで」
店「ナミヘイ?」

呼び捨て!?

店員さんは、何事もなく予約表を確認中

まあ、どうみても外国人の店員さん。
「負けへんぞ!」と心の中で誓う。

な「ええ。なみへいです」
な「ああ、これですね」
店「OK!OK!」
な「で、予約の時にもお願いしたんですが。。。」

すかさず、身体が不自由なので、座れる椅子を確保して
欲しい旨を伝えます。

店「デハ、コチラへ」

案内された席で、椅子を確認。
ちょっと柔らかい。。。

な「すみません」
な「もう少し固い椅子に交換してもらう事はできますか?」
店「イイヨ」

いいよ?

ま。。まあ、外国人だしね。
悪気はないもんね。ニコニコしてるし。。。

しばらくして、店員さんが新たな椅子を
持ってきてくれたが、今度は脚がグラグラ。

な「どうする?」
さ「ん~最初の方がいいかも?」

結局、最初の椅子に決定。

店「デハ。オ料理ハ、アチラカラオトリクダサイ」
な「はい」
店「○×△ハムリョウデスガ、●■▲ハユウリョウデス」
な「ごめんなさい。もう一度。。。」
店「●■▲ハユウリョウデス」
な「え?何が有料?」
店「●■▲」

解らん。有料は解るが、何が有料?

店「alcoholic drink」 ←スペルあってる?
な「ん?アルコール?」
店「ハイ」

あぁ、お酒ね。
ネイティブ過ぎてわかんねー。

な「解りました」
店「デハ、ゴユクリ」
な「ありがとう」

こうして、外国人の店員さんは去っていきました。
中々手強い相手でした。


※てか、思ったより長くなったので次回につづきます。
 (サクサクっと書くつもりやったのにな。。。)
スポンサーサイト

【2013/12/10 10:28】 | なみへい
トラックバック(0) |
私ね
耳がついたフード付きモフモフパーカーが欲しいの。
可愛いよね?

先日 波平と出かけた時 見かけたんだ。

「欲しい」

なんか冷たい視線を感じては居たよ。
波平も店員さんも 氷の様な視線だったけど
試着ぐらいしたいわけよ。

「撃たれる やめとけ」

波平の声が 地底の底から聞こえてきたわ。
撃たれる? 熊?って事?

そりゃあね 自分でもイメージと違う…って気づいていたわけよ。
だけどさ 頭では欲しいんだもん。

そこへ追い討ちかけた店員さん。

「フードを被らなければ 耳は目立たないですし いけますよ」

はぁ?
そんなのただのパーカーじゃん?
耳が欲しいのに 耳を隠せ…って…あんた…

不二家のペコちゃん並みに 頬っぺたを膨らませて 拗ねて帰ってきましたよ。




そしてまた先日 母と買い物へ

欲しいと思ってると 見つけちゃうんだよね。

「欲しい」

デザインも多少違うし
これならイケるんじゃないの…と淡い期待を持ちつつ 試着。

「あんた太ったヒグマみたい」

はああああああ?
また熊?
てかヒグマって限定つき?
てか熊って元々ふくよかなんじゃないの?
あえて「太った」って要る?

「あんた自分の年齢考えなさいよ」

年齢的にもアウトらしい。





あのさ
世の中平等に一年が過ぎるわけで
みんな年齢を重ねるんだけどさ
精神的に追いつかない…っていうか
自分の名前の横に並んでる年齢を見て ビックリしちゃう時ない?
「誰の年齢?」って二度見しちゃう時ない?

自分が子供の頃の大人って もっと落ち着いてたっていうか
おじさん・おばさんのニオイがプンプンしてたのに
いざ自分がなってみると 全然違うんだよね。

鏡を一日中見てるわけじゃないから
自分の中の自分は 20代のままなんだよね。
ヘタすると10代のままの所もあるんだ。




こんなのって 私だけ?

【2013/11/28 20:50】 | 日常
トラックバック(0) |
いくらなんでも 放置し過ぎましたm(_ _)m
放置なんて言葉を使ったら 殴られる勢いで 稼働しておりませんでしたm(_ _)m

てか 何もかも忘れてしまって ログインできね〜(≧∇≦)
何回記憶を辿って 「違います」って跳ね返される(笑)

でも何とか 辿り着きました。

どこから書けばいいんだろう?
ブログって どうやって書いてたんだっけ?
完全に浦島太郎だね。


えっと
体 不自由なままです。
えっと
波平とは そのまま凸凹コンビです。


ふと思うんです。
自分の体が思うように動かない時
悔しくて考えるのは 「波平の事」なんですね。

ふと思うんです。
お料理番組を見て 一生懸命メモをして
作ってあげたいって考えるのは 「波平の事」なんですね。

10年過ぎても まだ私は 波平をこんなに好きなんだ…って
自分でビックリ(≧∇≦)


って…こんなに心の中を 開けっぴろげに書いちゃうのが
ブログだよね?
これで いいんだよね?

【2013/11/21 18:02】 | 日常
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。